新学術領域研「植物多能性幹細胞」

menu

研究成果 (プレスリリース)

[すべて] [A01の成果] [A02の成果] 

2019

[41] 京産大など、クローン再生過程における植物ホルモンの働きを解明
環境展望台(Web) 2019/11/22
木村成介 (京都産業大学生命科学部)

[40] 生命科学部 木村 成介 教授らの研究グループが「虫こぶ」形成に関わる遺伝子を解明
京都産業大学ホームページ(Web) 2019/10/28
木村成介 (京都産業大学生命科学部)

[39] 理研など、有害寄生植物「ストライガ」全ゲノム解読 除去剤開発に期待
日刊工業新聞() 2019/9/27
吉田聡子 (奈良先端科学技術大学院大学)

[38] 植物を若返らせる遺伝子
熊本日日新聞(新聞) 2019/9/6
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[37] 葉っぱの細胞が「若返り」
信濃毎日新聞(新聞) 2019/8/26
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[36] 葉っぱの細胞が若返り
静岡新聞(新聞) 2019/8/26
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[35] 葉の細胞若返り遺伝子発見
京都新聞(新聞) 2019/8/21
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[34] 雄しべの機能回復 ゲノム編集技術で初
読売新聞夕刊紙面(新聞) 2019/8/15
有村慎一 (東京大学大学院農学生命科学研究科)

[33] 花粉ない植物 ゲノム編集で可能に?遺伝子を特定,品種改良に応用期待
朝日新聞 朝刊紙面/オンライン(新聞) 2019/8/8
有村慎一 (東京大学大学院農学生命科学研究科)

[32] 葉の細胞が「若返り」 遺伝子「ステミン」発見
中国新聞(新聞) 2019/8/4
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[31] ひとつの転写因子で葉細胞を幹細胞に 基生研など ステミン遺伝子発見
科学新聞(新聞) 2019/7/26
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[30] 幹細胞生む遺伝子発見 挿し木不可植物も増殖 分化の仕組み解明
読売新聞(新聞) 2019/7/25
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[29] ミトコンドリアをゲノム編集
日経産業新聞(新聞) 2019/7/25
有村慎一 (東京大学大学院農学生命科学研究科)

[28] Scientists Can Now Edit Mitochondrial DNA In Plants
Asian Scientist Magazine(Web) 2019/7/25
有村慎一 (東京大学大学院農学生命科学研究科)

[27] 幹細胞に戻す遺伝子 コケで発見
日経産業新聞(新聞) 2019/7/18
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[26] 「幹細胞」に変化 たった一つの遺伝子で コケ植物 基礎生物学研など解明 
朝日新聞(新聞) 2019/7/17
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[25] 基礎生物学研など、1遺伝子で幹細胞化を誘導、植物育種に応用期待
化学工業日報(新聞) 2019/7/11
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[24] Finding of STEMIN for Feasible Reprogramming in Plants
NATURE WORLD NEWS(Web) 2019/7/11
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[23] 幹細胞化 ON OFF 遺伝子 岡崎・基礎生物研 植物再生の仕組み解明
毎日新聞(新聞) 2019/7/9
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[22] 葉の細胞 幹細胞化 基生研 遺伝子発見、増産期待
中日新聞(新聞) 2019/7/9
石川雅樹 (基礎生物学研究所)

[21] 東大・東北大・玉川大,植物ミトコンドリアのゲノム編集に成功
日本経済新聞オンライン版速報(Web) 2019/7/9
有村慎一 (東京大学大学院農学生命科学研究科)

[20] Scientists successfully edit a long-locked part of plant DNA, improving crop security
New Atlas (https://newatlas.com/plant-mitochondria-dna-edited/60489/)(Web) 2019/7/9
有村慎一 (東京大学大学院農学生命科学研究科)

[19] 科学家成功编辑植物DNA的长链部分改善了作物的遗传多样性
cnBeta(Web) 2019/7/9
有村慎一 (東京大学大学院農学生命科学研究科)

[18] Modifican ADN mitocondrial de una planta por primera vez
CubaDebate(Web) 2019/7/8
有村慎一 (東京大学大学院農学生命科学研究科)

[17] ストレス下でも植物成長 特定たんぱく質機能停止 奈良先端大
日刊工業新聞(新聞) 2019/4/18
梅田正明 (奈良先端科学技術大学院大学)

[16] グルコースセンサー 広範濃度を定量検出 東工大東大イメージング応用へ
化学工業日報(新聞) 2019/4/8
北口哲也 (東京工業大学)

[15] Plants grow less in hotter temperatures
EurekAlert(Web) 2019/4/4
Masaaki Umeda (Nara Institute of Science and Technology)

[14] 細胞骨格形成遺伝子を8つ特定
科学新聞(新聞) 2019/1/18
五島剛太 (名古屋大学大学院理学研究科)

2018

[13] 花がめしべづくりを開始する遺伝子の仕組みを発見 動物のように複数の因子がDNAの折りたたみ構造をほどいてアクセス 食糧増産や有用植物の創出に期待
日本経済新聞(Web) 2018/12/12
伊藤 寿朗 (花発生分子遺伝学研究室)

[12] ATPの検出に新蛍光色素
日経産業新聞(新聞) 2018/08/06
北口哲也 (東京工業大学)

[11] 3色の蛍光センサー開発
化学工業日報(新聞) 2018/07/31
北口哲也 (東京工業大学)

[10] DNA破壊時 独自遺伝子群 先端大など研究チーム 植物、身守る働き解明
読売新聞(新聞) 2018/3/20
梅田正明 (奈良先端科学技術大学院大学)

[9] Plants fix DNA differently from animals
EurekAlert(Web) 2018/3/1
Masaaki Umeda (Nara Institute of Science and Technology)

[8] 植物DNA 損傷で働く遺伝子群 奈良先端大 耐ストレス作物期待
化学工業日報(新聞) 2018/2/22
梅田正明 (奈良先端科学技術大学院大学)

[7] Lab-engineered plant hormone could help regulate fruit growth
IFT Next Newsletter(Web) 2018/2/20
鳥居啓子 (名古屋大学)

[6] 植物の成長 解明へ前進 ホルモン•受容体作製
毎日新聞(新聞) 2018/01/23
鳥居啓子 (名古屋大学)

[5] 果実の成熟 自在に操作 人工ホルモンなど開発
中日新聞(新聞) 2018/01/23
鳥居啓子 (名古屋大学)

2017

[4] 植物の発生・形成に重要 名大、細胞内構造を解明
日刊工業新聞(新聞) 2017/11/1
五島剛太 (名古屋大学大学院理学研究科)

[3] 植物成長スイッチ役発見
読売新聞(新聞) 2017/10/5
梅田正明 (奈良先端科学技術大学院大学)

[2] 「DNAに傷」で成長を一時停止
奈良新聞(新聞) 2017/9/27
梅田正明 (奈良先端科学技術大学院大学)

[1] 植物のDNAが損傷 細胞分裂を一時停止
日本経済新聞(新聞) 2017/9/25
梅田正明 (奈良先端科学技術大学院大学)